【メリアルーム】ガラスの靴をサプライズプレゼント!

結婚式で自作、外注すべきものを明確に!小物アイテムの手作りで費用を抑える

結婚式で自作、外注すべきものを明確に!小物アイテムの手作りで費用を抑える

今回は、結婚式で費用を抑えるために、自作すべきものと、外注をすべきものを分類していきます。

式準備をしていると、時間不足から、外注を増やしたことで予算オーバーなんてことも。

そのため、私たちの結婚式の経験をもとに、費用削減をするために、自作と外注を明確にしていきたいと思います。

式準備をする際に、是非役立てていただければと思います。

費用を抑えるために手作りを増やすのも良くない

費用を抑えるためについやってしまうことは、

何でも自作、手作りにしてしまうこと

結婚式打ち合わせの際に、初回見積もりで、

こんなに費用がかかるの…

と、ほとんどの方が衝撃を受けると思います。

 

はちとみつも、最初びっくりしました。笑

そのため、

作れるものは全部自分たちでやって、削れるところは削ろう!

このように考えてしまった結果、準備の時間がなくて喧嘩してしまうこともありました。

 

結婚式は、初回見積もりよりも、50万以上かかるケースが多いです。

初めから自作するもの、外注するものを分けておかないと、

気づいた時には100万以上超えている…

なんてことも。

特に、50人以上を招待する場合は、必ずチェックしておくべきだと思います。

【費用と時間を比べる】自作、外注はコスパで比較すること!

では、自作と外注を考える際に、どのように分類すれば良いのか。

結論を言うと、コスパで比較をするよう夫婦で話し合って下さい。
コスパ…コストパフォーマンスの略語。費用対効果。支払った費用(コスト)と、それにより得られた能力(パフォーマンス)を比較したもので、低い費用で高い効果が得られれば「コスパが高い」と表現される。(コトバンクより引用)

例えば、、、

手作りをする場合に、2〜3日かかる項目があるとします。

それを外注した場合に、1万円しか変わらない場合、それはコスパが良いと言えるのではないでしょうか。

費用を削減するために、1万円を削減し、作業時間に当ててしまうと、他の準備が詰まってしまいますね。

つまり、費用がかかったとしても、準備時間が大幅に削減できるのであれば、外注にすべきと言うことです。

では、実際の結婚式準備の項目として、どのようにコスパ比較をすべきか、事例を挙げながら解説していきます。

【例1】前撮りの場合

まず初めに、前撮りの場合はどうでしょうか。

前撮りは、実際にプロのカメラマンに撮ってもらい、環境や衣装も用意されています。

費用はピンキリですが、相場としては10万〜30万あたりと言えます。

SNSなどで、カメラマンの見習いの方に依頼をするケースもありますが、これでも5万〜10万はかかります。

しかし、前撮りを手作りされる場合も多く、自分たちの思い出のスポットなどで撮影をしにいくパターンもあります。

 

カメラなど、自分たちの持っているものを駆使して撮影することで、時間は1日〜2日かかりますが、費用は大幅に抑えられます。

新郎新婦の価値観から、ここにコスパの良さがあるかどうかで、決めていただくといったところです。

【例2】招待状の場合

続いて、列席者に送る招待状についてです。

招待状に関する比較は、以前の記事でもまとめておりますが、自作と外注で30時間以上変わりますが、費用は2〜3万程度しか変わりません。

さらに自作すると、紙や封筒などの購入や、細々した作業で、それなりの労力も使います。

 

そのため、招待状に関して言えば、外注の方が良いかな、と私たちは思います。

ただもちろん、PC作業が得意であったり、デザインするのが好きな方は、取り組んでみるのも良いかもしれません。

【例3】結婚式ムービーの場合

続いてオープニングやプロフィールムービーに関してです。

結婚式ムービーは、自作をするか、外注するか、新郎新婦の大きな悩みでもあります。

さらに、友人に頼むケースなどもあり、人それぞれパターンがあります。

 

ムービー作成は、私たちもそうだったのですが、最も時間がかかる準備とも言えます。

ロケをされる場合であれば、撮影だけでも2〜3日かかり、編集から完成までも、慣れていないと相当な時間を要します。

 

結婚式ムービーには主に、

・オープニング
・プロフィール
・エンディング
・余興
・サプライズ

など、数多くあるため、自作、外注をうまく分けることがおすすめです。

 

ちなみに、自作をする場合は、1万円程度で作成できるのに対し、外注では2〜20万以上とピンキリです。

特にコスパをしっかりと考えた上で、夫婦で話し合い、決定してみて下さい。

自作or外注すべきものリスト

最後に、私たちの結婚式準備の経験などから、自作、外注の項目を分類してみました。

あくまで個人的な見解ですが、これから準備をする方、費用を抑えたい方は是非チェックしてみて下さい。

自作すべき項目

・プロフィールムービー

・前撮り

・受付サイン

・ウェスカムスペース装飾

・サンドアートセレモニー

・ケーキ、サイドテーブル装飾

・エスコートカード、席札、コースタ

・挙式用ブーケ、ブートニア

・プチギフト装飾

・フラッシュモブ

ムービー制作は、適度に自作、外注に分類をすることで、コスパ良く準備を進められます。

装飾系は、外注をすることで、意外と費用がかかってしまいます。

 

自作は、使用後にメルカリで売る方が多く、私たちもほとんど売り飛ばしました。笑

そうすることで、コストをかなり削減することができます。

 

ちなみに、受付での参加イベントとしてサンドアートセレモニーをおこないました。

サンドアートセレモニー…結婚式における意味として、枠内に、列席者が砂を入れて完成させるアートのこと。「砂は、一度混ざったら分けることができない」と言う理由から、縁起物として結婚式に取り入れている方が多い。

参考までに、私たちが作成したウェスカムスペース、サンドアートはコチラです!

結婚式で自作、外注すべきものを明確に!小物アイテムの手作りで費用を抑える1ウェルカムスペースの中央にあるフレームが、サンドアートです。

最初は空にしておき、列席者の方に、手前の砂を入れてもらいます。

結婚式で自作、外注すべきものを明確に!小物アイテムの手作りで費用を抑える2砂の色には、それぞれ意味があります。

説明書きを読んでもらい、はちとみつに当てはまる色を入れてもらいました!

※サンドアートの作り方は、近日記事作成いたします。

外注すべき項目

・オープニングムービー

・エンディングムービー

・招待状

・メニュー表

・当日写真撮影、アルバム

エンディングムービーは、挙式、披露宴中の様子を最後に上映し、列席者に感謝の気持ちを贈るという意味も込められているため、外注すべき項目です。

その他にも、カラードレス用リースブーケや、ヘッドパーツの花など、花嫁に必要なものがいくつかあります。

親戚などで、お花に詳しい方がいる場合は、お願いしてみるのも良いかもしれません!

最後に

以上が今回お伝えしたい内容となります。

式準備をしていると、時間が足りなくなり、コスパが悪くなってしてしまいます。

そのため、

事前の打ち合わせで夫婦で話し合いをし、自作、外注についてを分類できると良いと思います!

結婚式で費用を抑えるために参考にし、是非役立てていただければと思います。