【メリアルーム】ガラスの靴をサプライズプレゼント!

【コロナウイルスで収入減少】今後の景気悪化により家計見直しを【夫婦でできる対策方法】

【コロナウイルスで収入減少】今後の景気悪化により家計見直しを【夫婦でできる対策方法】

今回は、コロナと家計に関する記事です。

コロナウイルスの影響で、今後の家計が厳しくなる未来が待っている、と予想されます。

景気悪化により収入減少となってしまう可能性があるため、今回は夫婦で家計を見直し、対策をおこなっていきましょう。

今からできる対策方法をまとめていきますので、一つずつチェックしてみてください。

【コロナウイルス影響】景気悪化で収入が減少していきます

まずは、コロナウイルスが原因で、家計にどのような影響があるのかをお話していきます。

現在コロナの影響で、世界恐慌と言われるほど経済にダメージを与えてしまっています。

一流企業も株価が大暴落しており、リーマンショックを追い越すのではないか、とまで言われています。

このような暴落は、いずれはおさまるものの、その後私たちの生活に悪影響をもたらします。

夫婦の皆さんは、今後の生活がどうなるのか、とても気になると思います。

景気悪化で仕事の収入が減少します

もちろん職種にもよりますが、最も直面することとして、夫婦の収入が減少します。

ざっくり言うと、会社の減益により、ボーナス減額となります。

ボーナスは、業績によって左右されるもの、もちろんこの不況が続くことから、ボーナス査定には大きく影響を与えてしまいます。

夫婦の蓄えとして、ボーナスの貯金はとっても大切なこと。

それが減少することで、人々はお金を循環させず、同じように不景気になる悪循環が生まれててしまいます。

ボーナスが元々少ない企業に勤めている場合は、基本給の上がり幅が縮小されたり、手当のカットがあります。

そのため、夫婦で今からすべき対策をしっかりとしていきましょう。

収入や支出を把握し夫婦で対策を始めていく

まずやらなければいけないこととして、収入と支出の把握です。

さらに把握といっても、個人でするのではなく、必ず夫婦一緒にしましょう。

例えば共働き夫婦の場合、共同口座などを作っている場合は、それぞれの収入を振り込む場合が多いですね。

この場合、毎月どのくらい共同口座に入り、どのくらい出ていくか、無駄遣いをしていないかどうかが明確になりやすいため、問題ないと言えます。

対して、共同口座を作らず、各々で管理している場合は要注意です。

収入源になるため、普段よりも切り詰めて生活をしなくては、今後に影響が出てしまいます。

そんな時にも、旦那さんが不要なものに使っていたり、奥さんが高額なお買い物をしていたりと、貯蓄額が増えず、収入源になった際に、いずれ苦しくなります。

無駄なものなのかどうかは、パートナーと相談し合うことがとっても大切です。

収入と支出の関係は夫婦どちらも知っておくこと

上記内容をまとめると、共同口座をおすすめし、さらに支出の面は、パートナーに相談し決めるようにしてください。

互いが家計を知っておくことで、無駄な出費を抑えることができ、冷静な判断ができます。

このような時期だからこそ、使うところ、そうでないところを、しっかり分けましょう。

【コロナ対策】夫婦でできる家計見直し方法

1ヶ月の収入、支出を夫婦で把握できたら、次は家計を見直すことです。

今の家計は本当に問題ないでしょうか?

1年前は大丈夫でも、年数が経つに連れ、支出の種類が異なってきます。

そのため、お金を削れるところは削り、なるべく貯蓄を心がけられるよう、対策をしていきましょう。

変動費を減らしていくことが大切

まず、変動費と固定費についてのお話しです。

変動費…毎月異なる金額となる費用。光熱費、電話代、その他必要費用が挙げられる。
固定費…毎月変わらず固定となっている費用。家賃、通信費などが挙げられる。

一般的に固定費というのは、どの月も同じ費用のため、削り用がない項目です。

対して変動費は、安くなる月もあれば、その逆もある、努力次第で変わる項目です。

つまり、変動費をしっかりと把握し、夫婦で減らしていくことが大切です。

家計簿アプリを入力

変動費がを減らす方法として、家計簿をつけることが挙げられます。

最近は、家計簿アプリも様々で、デザインも豊富です。

このような機会だからこそ、日々スマホに入力し、家計把握をしてみましょう。

私たちも入力しているのですが、以前よりもお金が貯まるようになってきました!

【意外と貯まる!】500玉貯金の凄さ

これは、はちが先輩から教えてもらったことなのですが、最近やっている方が多いためお伝えします。

100均などで、貯金用の缶やポストを購入し、夫婦で貯金をし始めてみてください。

やり方としては、日々の買い物で500円玉をお釣りとしてもらったら、帰ってから貯金用の箱に入れます。

一見普通のことですが、無駄遣いをしなくなり、とても効果的です!

ただし、ズルをするのは厳禁!

わざと500円玉に両替するなどは、続かなくなってしまうため、あくまで偶然お釣りでもらったから貯金する感覚です。

さらに、お釣りとして出た500円玉を、こっそり使ってしまうこともNGです!

最後に

以上が今回お伝えしたい内容となります。

コロナウイルスの影響で、今後景気悪化が予想されます。

家計にも響く事態になるため、今から夫婦で対策をしておきましょう。

日々のコツコツが、後々とても役に立つこと間違いなし!

長期的な生活苦を避けるために取り組んでいきましょう。